特別支援学校3400超教室不足 在籍者急増で 文科省調べ

特別支援学校3400超教室不足 在籍者急増で 文科省調べ

文部科学省の調べによると、障害が比較的重い子供が通う「特別支援学校」で深刻な教室不足が続き、2016年10月現在3430教室が足りないことが分かった。障害の診断が普及し、障害があると診断されると、支援が得られやし教育を望む保護者が増えたためだ。
特別支援学校小中学部の1学級は6人が上限で、重複障害の場合は3人。幼稚部から高等部まで在籍者は2015年に13万8000人で、10年間で1.36倍になった。とくに知的障害のある子が増え、全体の9割を占める。比較的障害の軽い子が通う小中学校の特別支援学校の在籍者も2015年で20万1000人で、10年間で約2倍に増えた。