研究機関が連携しアルツハイマー治療へ創薬、開発

研究機関が連携しアルツハイマー治療へ創薬、開発

国内の研究機関や大学などが連携して、アルツハイマー病の早期発見や治療を目指し、新たな研究を始めた。
量子科学技術研究開発機構や順天堂大学、学習院大学などが協力し、アルツハイマー病の原因物質の一つとされる「タウたんぱく質」を狙いとした新薬や検査方法の開発に取り組む。日本発の技術の実現を目指す。