70歳まで働ける場の整備を 自民・一億総活躍推進本部が提言へ

70歳まで働ける場の整備を 自民・一億総活躍推進本部が提言へ

自民党の一億総活躍推進本部は「希望者には70歳まで働ける場を提供すべきだ」などとする政府への提言案をまとめた。少子高齢化で生産年齢人口が先細りする中、元気で働ける高齢者に、社会保障の「支える側」に回ってもらおうという考え方だ。
長寿化および健康寿命の延びに伴い、元気な高齢者が増えていることを踏まえたもの。5月10日をめどに最終決定し、提言案を政府に提出。政策への反映を求める。