サ高住の事故は1年半で3000件超 介護施設化進む

サ高住の事故は1年半で3000件超 介護施設化進む

朝日新聞のまとめによると、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、2015年1月から1年半の間に、死亡や骨折など少なくとも3000件以上の事故が報告されたことが分かった。安否確認が義務付けられたサ高住は、制度上は民間の賃貸住宅に近いが、要介護者が入居者の大半を占める例も多く、国土交通省が改善に乗り出す。
同新聞は昨秋、全国約21万戸のサ高住を監督する都道府県と政令指定都市、中核市の計114の自治体に情報公開を請求。97自治体が事故報告書、すべての自治体が運営報告書を今年2月までに開示した。
事故報告書によると、2015年1月~2016年8月末の事故は計3362件で、最多は骨折(1337件)だった。病死を除く死亡は147件。
サ高住は1日1回の安否確認と生活相談が義務付けられている。事故報告書では半数以上の1730件が個室で起き、そのうち991件は職員が手薄になりがちな午後5時~翌午前9時に発生していた。
運営報告書では、入居者の88%が要介護認定(要支援を含む)を受け、要介護3以上の重度者も30%を占め、「介護施設化」が進んでいる実態が分かった。民間の調査では、入居者の4割が認知症というデータもあるという。