在宅高齢者向けコミュニケーションロボの実証実験

在宅高齢者向けコミュニケーションロボの実証実験

NTTデータ(東京都江東区)と住環境研究所(東京都千代田区、以下、JKK)は、5月17日から一般住宅等でコミュニケーションロボット「Sota(R)」が高齢者の生活改善に効果があるかを検証する実証実験を開始する。
今後この実証実験の結果を基に、高齢者の生活改善および同居家族や介護スタッフの負担軽減を目的としたコミュニケーションロボットを用いた製品を開発し、2017年度中をめどに商用化を目指す。
ヴィストンの「Sota(R)」を利用し、NTTデータが開発した高齢者向けコミュニケーションロボットを積水化学工業が販売した住宅や、セキスイオアシスが運営するサービス付き高齢者住宅とデイサービス施設に導入し、検証する。