高齢ドライバー513万人、死亡事故400件超で高止まり

高齢ドライバー513万人、死亡事故400件超で高止まり

警察庁のまとめによると、75歳以上の運転免許保有者数は2016年末で513万人となり、10年前から倍増した。
一方、全国の死亡事故件数は減少傾向にあるものの、増え続ける75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は最近10年以上、400件超で高止まりしている。2016年は459件で全体の13.5%を占めている。2006年の7.4%から大幅に上昇していることが分かる。
加齢に伴う体力・運動神経の衰えや、瞬間の判断能力の衰えや遅れから、不適切なハンドル操作や、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどが原因のケースが圧倒的に多い。